世界の労働時間

世界の平均年間労働時間はどれくらい?

a1

世界の平均労働時間について色々と書いていきたいと思います。

皆さんの労働時間はどれくらいですか?そして日本の平均労働時間はどれくらいか知っていますか? また皆さんは仕事とプライベートの時間のバランスをとって充実した毎日を送れていますか? このバランスをワークライフ・バランスと呼ばれていて、世界各国で注目されているのです。 実際は、世界中の人々のほとんどの人が、このワークライフ・バランスが乱れてしまっているそうです。

では世界の平均労働時間が長い国と短い国のランキングを見つけたので、紹介したいと思いますが、数字では少しわかりづらいかもしれませんが、気になる人は見てみてください。

まずは、年間平均労働時間の長い国から紹介していきます。
1位→メキシコ(年間で平均2.228時間)
2位→コスタリカ(年間で平均2.216時間)
3位→韓国(年間で平均2.124時間)
4位→ギリシャ(年間で平均2.042時間)
5位→チリ(年間で平均1.990時間)
6位→ロシア(年間で平均1.985時間)
7位→とラビア(年間で平均1.938時間)
8位→ポーランド(年間で平均1.923時間)
9位→アイスランド(年間で平均1.864時間)
10位→エストニア(年間で平均1.859時間)



このようにメキシコが1位になっています。
では次に、年間平均労働時間の短い国を紹介したいと思います。
1位→ドイツ(年間で平均1.371時間)
2位→オランダ(年間で平均1.425時間)
3位→ノルウェイ(年間で平均1.427時間)
4位→デンマーク(年間で平均1.436時間)
5位→フランス(年間で平均1.473時間)
6位→スロベニア(年間で平均1.561時間)
7位→スイス(年間で平均1.568時間)
8位→スウェーデン(年間で平均1.609時間)
9位→オーストリア(年間で平均1.629時間)
10位→ルクセンブルク(年間で平均1643時間)

このようにオランダが1番短い国になっています。そして皆さんが気になる日本は年間の平均ですが、日本は平均1.746時間働いていて、平均労働時間が長い国の21位になっているのです。

各国の1日当たりの労働時間が書かれていないので、1日当たりの労働時間で比較をすることは出来ません。そしてこれらは、平均なのでこれよりも多く働いている人もいます。

そして日本の休日の日数が他の国よりも多いことが影響しているのだと思います。 日本は週休2日制の所が多いですし、祝日も15日と多いです。また年末年始やお盆休みもありますよね。

そして日本の1日の平均労働時間は9.1時間なんだそうです。 そのような結果が出ましたが、自分のワークライフ・バランスを充実出来ているのかです。

世界中の多くの人たちは、「仕事のためにプライベートの時間がしっかり取れていない」や「仕事のために家庭やプライベートが犠牲になっている」と感じている人が多いようです。

働けばその分給料が多くなると思いますが、働きすぎは、健康を損なう可能性がありますし、他にも職場で事故を起こしてしまう可能性もあるのです。 最近でも、バス事故などがありましたよね・・・ 働きすぎで、寝る時間もしっかり摂れなければ、事故を起こす可能性が増えますし、ストレスも溜まっていってしまうのです。

このことからもワークライフ・バランスが乱れていることがわかりますよね。人の命を預かるような仕事をしているのなら、尚更しっかり睡眠を摂る必要があると思います。

ではワークライフ・バランスの乱れを整えるために、メンタルヘルス財団のワークライフ・バランスを適正化させるアドバイスを参考にするといいのではないでしょうか。
紹介していきますが、少し自分の言葉に変えて、書いていきます。
1、 長くではなく、賢く働く。生産性を英化させるようか活動に巻き込まれないように注意する。
2、 適切な休憩を取ること。お昼休憩は、少なくても30分を確保して、出来るだけ散歩などをして気分転換をする。
3、 仕事と休暇に線引きをして、もし仕事を持ち帰る時には、自宅の中で仕事をする場所をしっかり決めて、仕事が終わったらその部屋から出るようにする。
4、 仕事からのストレスとメンタル面の健康はリンクしているので、運動やリラクゼーション、趣味などでストレスを発散するようにする。
5、 自身のワークライフ・バランスのことを同僚や上司に相談してみる。

ストレスを発散することはすごく重要なことだと思います。ストレスを発散しないとうまくいくものまで上手くいかない可能性も増えてしまうので、自分がストレスを発散することが出来ることを見つけておくといいと思いますので、自分なりに探してみてはどうでしょうか。

今の自分の正確なワークライフ・バランスを把握するには、労働時間を1日ごとではなくて、1週間ごとや1ヶ月ごとに記録し、仕事に関して悩みや考えたりした時についやした時間もしっかりメモしておくようにしましょう。このようなことをして徐々にワークライフ・バランスの乱れを整えていくようにしましょう。

働きすぎは、身体にも出来るだけ気を付けるようにしましょう。医療脱毛おすすめ

↑ PAGE TOP